口コミ動物病院ランキング
このサイトは、全国の動物病院の口コミ情報の収集と公開を目的に開設しました。皆さんからの情報をお待ちしています。[詳細]

動物病院の選び方

動物病院を選ぶ基準はなんでしょう。信頼できる方からの口コミが一番でしょうか。病院の外観がきれいというのもあるかもしれません。医師の診察が丁寧とか、料金が安いとか様々な条件・要素が複雑にからんで一つの条件で決められないのが普通ですね。

逆に、これをされたら二度と行かないというのはあるでしょう。料金明細がでないからボッタクられたと感じたとか、検査がやたら多いとか、ペットを雑に扱うとか獣医師の前に人として常識ない対応をされると信頼を失いますね。

JAHA認定病院というものがあります。日本動物病院協会(JAHA)が、診療の質や設備の充実度などを基準にして認定していますので、ある程度の信頼性は担保されているでしょう。

数は少ないと思いますが、ペットサロンやペットホテルが併設されているところだと何かと安心というのもありますね。

料金について

動物病院の料金は、自由診療なので個々の病院で大きく違います。
ホームページに料金表を載せている病院ならまずは安心でしょう。載せていないということは、「料金を比較されたら不利になる」という自覚があるからでしょう。
料金を比較してかかりつけ医を選ぶ場合には、「避妊手術」や「去勢手術」「ワクチン」など、どの動物病院でも取り扱っている診療メニューを比較して決めるのがいいでしょう。

ペットの医療費は高額になる傾向があるので、心配ならば動物保険へ加入するのも手です。最近は、動物保険も充実しているので、補償される内容や条件を比較して加入するのもいいでしょう。

救急・夜間診療について

ペットも人間と同じで夜間に急に調子が悪くなったり、病状が悪化したりすることもあるでしょう。でも、救急の夜間診療をしている動物病院は少ないですね。しかも、診療費は高額になる傾向が強いようです。ペットの命には変えられないかもしれませんが、後から「ボッタクリだ」なんて騒がないように注意したいですね。
また、入院している場合、夜間も診てくれると思っていると思いますが、殆どの場合、一晩中つきっきりというのはないようです。特に個人病院では23時ぐらいが限界のようです。人間と同じ入院だとは思わないほうが良さそうです。

求人について

動物病院に看護師や受付などで働きたいと思っている方も、希望している動物病院に口コミがあれば様子がわかりますので、口コミ情報は役に立つと思います。また、求人が出ていなくても直接電話して問い合わせてみると対応してくれる場合もあるみたいです。

スポンサードリンク
新着クチコミ情報
セカンドオピニオンいただきたくて伺いました。 並びにもう一軒動物病院があり、ちょっと失礼なことを言ってしまったのですが、診察していただけました。 先生は気さくな方で、説明もわかりやすく、次もお世話になりたいと思います。行って良かったです。
蓮岡先生には、20年以上お世話になっております。 毎日ハードにされていますが、愛犬の診察だけは、本当に いつも同じ様に診て下さいます。飼い主に対しては、色々な日がありますが、それで良いと思います。うちの子には 蓮岡先生にしか診て頂きたくないので、夜中救急外来に行った事もありますが、点滴の血が逆流しまして行きましたが、私の気持ちを伝えましたらそこのドクターも点滴針を抜いて下さり蓮岡先生に手紙を
以前苦しんでた愛犬を連れて行きましたが原因不明で帰されました。 今はなんとか自然に治まりましたが その後又狂犬病の注射で行く事になってしまい私はあまり気乗りしないのですが家族で飼って御願いしてるので私の一存では決めれずしぶしぶ行きました。 以前あんなにも苦しんでる愛犬を間近かにしていたにも関わらずその後ワンちゃんどうでした?等と優しい言葉の一言もなく淡々と治療するだけで 家族にも
可愛い柄のシャツをよく着ておられる優しい先生です。 遠方に引っ越してしまいましたが往復1.5hかけてもここがいいです。うちのチビ柴は今までなんども助けてもらいました。 丁寧で親切で、治療方法も的確でしかも治療費も他よりお安いです。看護婦さんもみんな優しいですよ〜
10年以上ずっとこの病院にお世話になっています。前院長先生を信頼していたし、他の病院にも何度か行きましたが、やはり前院長先生の経験値や考え方に信頼を寄せてこの病院に通ってきました。 ですが、残念なことに年々悪くなるばかりです。今日は、愛犬がかなり高齢なのですが、眼や尿検査、便の出にくさの相談などで診てもらいました。ついでに肛門腺がうちの子はかたいので、絞ってもらいました。高齢なこともあり、肛門腺
前立腺肥大の疑いでホルモン剤と抗生物質を出され忙しかったのか副作用などの説明も一切なく帰宅。処方され薬を飲ませた2日後に激しい嘔吐と下血の繰り返し。ヘルニアの手術を二回お世話になった遠方の病院に駆け込み緊急入院となる。抗生物質の副作用によるものと判明。
一刻を争う状態で連れていきました。 犬が分解できない、成分の食べ物を家を留守にしてる30分の間に棚の扉のパッキンが弱くなっていたせいか、開けてしまい、戻った時にすでに胃の中でした。 すぐに救急にかけこみ、入院をと、胃洗浄をと言ったら、もー吐かしたので連れて帰ってもいいと獣医は言いました。いゃいゃ連れて帰れる状態じゃないから! 入院でと言って私は医者に預けました。 翌朝、ワン切りが病院からあ